スマホ 格安

スマホを格安料金で使いたい!オススメはSIMフリースマホ+格安SIM


スマートフォンの利用がアプリ・Web閲覧といったライトに使うユーザーにとって3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でのスマホ運用は無駄な料金を支払しているケースが非常に多いです。

 

スマホを使うには2つの方法があります。
まずは上記で挙げた3大携帯キャリアと契約してスマホを持つケース。そしてMVNOと呼ばれる回線を貸してもらってユーザーに格安で提供している話題の「格安スマホ」でスマートフォンを運用するケースの2つがあります。

 

とにかくスマホを安く使いたい場合は後者の格安スマホで利用すると通信費にかかる月額料金を大幅に抑えることができます。

 

まだまだ格安スマホは聞いたことがあるけど「よくわからない」といった方は多いと思います。ここでは格安スマホに関する基本情報からMVNO最安プランなどを詳しく解説していきます。

スマホの通信費を安くできる格安スマホ

格安スマホとは

SIMフリー端末+格安SIMのセットを指します。3大キャリアに比べると端末やSIMに制限があるのですが料金が安く利用用途に合わせた豊富なプランが準備されています。

 

格安SIMの種類

MVNOが提供する格安SIMにはいくつか種類があります。基本となるのは「データ通信SIM」「音声通話機能SIM」といった2種類です。たとえば通話はほとんど使わない。もしくはIP電話や無料通話アプリで電話をしている方は「データ通信SIM」で十分です。

 

携帯番号をもって電話をしたい方は「音声通話機能SIM」を選ぶと良いです。ただし通話を毎日たくさんする方には向きません。理由としては格安スマホの通話は無料通話や定額がなく30秒/20円といった通話料金が基本料金に加算されてきます。通話をたくさんする方は3大キャリアで契約していた方が通信費は安くなるケースが多いです。

 

SIMフリースマホ

SIMフリースマホとは携帯情報を記録されているSIMカードが差し込まれていない端末を指します。この端末を持つことで好きな回線事業者と自由に契約ができるのでわざわざ料金の高い3大キャリアと契約をしなくても良いのです。

 

SIMフリー端末の入手経路ですが格安SIMを販売しているMVNOが端末+SIMセットで販売をしています。またはお持ちのスマホをSIMロック解除する。中古端末を購入するといった方法でスマホをSIMフリー化することができます。

スマホの月額料金をトコトン安くするならデータ通信SIM


通話はほとんど使わない。スマホの利用用途はアプリやWeb閲覧中心といった方には通話SIMよりもデータ通信SIMがピッタリ。契約プランも豊富1GB660円〜からスマホを使うことができます。

 

現在3大キャリアでスマホを契約している場合は月間データ通信量を調べてそれに収まる範囲のデータSIMを契約すれば1000円〜3000円の通信費節約は固いです。

 

スマホをWi-Fiに繋いでほとんどモバイル回線である3G・LTE回線の利用はないといった人であれば5000円近くの節約にもなります。

 

毎月のデータ通信量にもよりますがライトユーザーであれば1GB〜3GBプランであれば十分に快適なスマホ生活を送ることができると思います。まずは下記で格安スマホの最安プランとして人気のMVNOをピックアップしたので比較検討してください。

MVNO格安スマホ比較

ここではデータ通信SIMを徹底的に安く提供しているMVNO3社をピックアップして厳選しました。

 

スマホ月額料金節約のために参考にしてみてください。

 

※データ通信SIMの料金で比較しています。表の下記でより詳しく説明をしています。

MVNO 契約プラン 料金
DMMモバイル 1GB〜10GB 660円〜2250円
エキサイト モバイル 0MB〜4GB 670円〜1980円
U-mobile 1GB〜使い放題 680円〜2480円

 

DMMモバイル

DMM-mobile
DMMモバイルの特徴はなんといっても業界最安値を記録している料金の安さです。データSIM・通話SIMと取り揃えがあり契約プランも【1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GB】と豊富に用意されています。

 

さらに端末+格安SIMセットでは端末の種類が豊富。ガラケーからスマホに乗り換えるユーザーであっても端末選びが楽しくなります。

 

とにかくスマホライトユーザーで安さにこだわりたい人に一番オススメできるのが「DMMモバイル」です。

 

エキサイトモバイル

エキサイトmobile
エキサイトモバイルは通話SIMの提供は行っていなくデータ通信SIMのみの取り扱いとなります。契約プランとしては0MB〜4GBプランが準備。

 

他との違いはSIMカードを最大3枚持てることがメリットです。料金は多少高くなりますが1GBSIMを3枚持っていれば実質3GBの容量で使うことができます。データ通信に不安がある方は3枚プランを選んでおくとかなりお得です。

 

またデータSIMはシェアもできるの複数人で使いたい場合もメリットが高いです。ただしSIMフリー端末の提供はないので自分で用意する必要があり。

 

U-mobile

U-mobile
U-mobileは2段階定額、使い放題といった契約プランも用意されている魅力的なMVNO。毎月のデータ通信量にバラつきがあったりヘビーユーザーであっても満足できる使い放題プランがあるので人気急上昇中です。

 

ライトユーザーが契約するプランとしてお勧めできるのは「ダブルフィックスプラン」です。データ通信量1GB以下なら680円。利用量が1GB超なら900円といったように2段階定額になっており使い勝手が良いです。

3大キャリアから格安SIMへの移行方法

格安スマホに乗り換えれば通話を滅多に使わない人にとっては大幅な通信費用の節約に繋がります。移行方法としてはいくつかあるので解説していきます。

 

  • 現在のキャリアを解約して格安スマホ提供MVNOと契約する
  • 現在のスマホをSIMロック解除してキャリアを変更する
  • 通話機能が使いたい。番号は同じまま良い場合はMNPで移行する

 

3大キャリアの契約を解除

ドコモ・au・SoftBankと契約している人はまず契約を解除します。更新月以外は解約料金が発生しますが長い目でみればすぐに解約料金などは取り返すことができます。

 

契約を解除したら格安スマホを提供しているMVNOでSIMフリー端末+SIMセットを購入して運用を開始することができます。

 

現在のスマホをSIMロック解除する

3大キャリアのスマホでSIMロックがかかっている場合はロックを解除すればOK。ドコモ端末の場合はSIMロックを解除する必要もなく格安SIMを導入することができます。(SIMがドコモ回線を利用している場合)

 

MNPで移行する

現在の携帯番号をそのまま使いたい場合はMNPで移行することができます。MNP申請を出してから格安SIMを契約してSIMカードを入れ替えるだけで携帯番号はそのままで導入できます。