格安スマホで利用されるSIMカード

スマホを格安で使えるSIMカードとは?

とにかく最近はSIMカードといった言葉をよく目にすると思います。特にスマホを格安で使う場合には非常に重要なキーワードにもなるので用語の意味と合わせて覚えていきましょう。

 

格安スマホを利用する上でも第一歩となるのが「SIMカード」です。

 

SIMカード、要は契約者情報

SIMカードの中身に関するデータには携帯電話番号、契約者情報、通話履歴などが記録されています。いわゆるICチップといったやつでSIMを差し込まないとスマートフォンは電話ができません。

 

またデータプランの容量情報などを記録されています。SIMカードとSIMフリースマホがあればSIMカードの契約プランに沿って使うことができます。

 

初心者は要注意!SIMカードのサイズ

SIMカードといっても実はサイズ違いが3種類あります。

 

標準SIM、microSIM、nanoSIMといったサイズがあり。標準SIMは古いスマホに使われていたサイズで最近では一般的ではありません。

 

microSIMはAndroidスマホによく使われているサイズのSIMカードです。nanoSIMは最新機種やiPhone等でよく使われるカードサイズになっています。

 

格安SIMを契約する時はSIMを差し込む端末のSIMサイズをしっかりと把握して注文することが大切です。

SIMカードの回線種類によっては互換性がない

少し複雑になりますが格安SIMの回線というのはほとんどがドコモ回線を利用しています。ドコモが保有している回線の余った分をMVNOに提供してMVNO通信事業者が我々ユーザーに回線を提供しています。

 

他にもau回線を利用した格安SIM。SoftBank回線を利用しているYmobileなどもあります。

 

ここで面倒になるのが携帯3大キャリアの回線方式です。

 

ドコモ・ソフトバンクは「W-CDMA」と呼ばれる回線方式を利用しているのに対してauは「CDMA2000」といった回線方式を利用しています。

 

この回線方式に互換性はありません。

 

よりわかりやすく言うとauのスマホを格安SIMで運用したい場合。ドコモ回線を利用しているSIMカードを購入して差しても使えないです。この辺りは間違える人が多いので注意をしましょう。

 

auスマホを格安SIMで使いたい場合は通信回線をauから貸してもらっているMVNOのSIMカードを使う必要があります。