格安スマホでよく耳にするMVNOってなに?

MVNOって?

安い料金で通信回線を利用しようとすると必ず目にするのが「MVNO」といった言葉。格安スマホに関してもMVNOなしで語ることはできません。

 

MVNOの用語解説や基本情報。そして格安スマホがどうしてもここまで料金を安くできるのかを解説していきます。

 

MVNO

イメージしやすく解説するとMVNOは2階層目の通信事業者にあたります。1階層目の通信事業者は誰もが知っている【ドコモ、ソフトバンク、au】です。3大キャリアと言いますが通信回線やデータ回線を持っているのはこの3大キャリアだけです。

 

MVNOというのは3大キャリアの余っている回線保有分を貸してもらい通信事業を行っています。

 

つまり格安スマホで利用する回線というのはドコモ回線やau回線になります。聞いたことがない会社名やサービスであっても回線自体は大手なので心配をする必要はまったくありません。

 

通信料金が安くなる理由

格安スマホを利用する上で多くの方が抱く疑問としてなぜここまで安くできるのか?といった問題があります。

 

MVNOは3大キャリアと違い店舗を持ちません。さらに回線の保守作業といった運営の必要もありません。広告費だって3大キャリアなんかと比べると小予算です。

 

つまり無駄な出費がない分、料金に還元できるため通信費用を安くすることができます。

MVNOは3大キャリアと比較するとどう違う?

ドコモ、au、ソフトバンクよりもメリットがなければキャリアを移行する必要もありません。ですがこれだけ話題になっているということは3大キャリアと比べてもメリットの方が大きい部分があります。

 

ではどこが違うのか?
この疑問を解決していきます。

 

とにかく通信費用が節約できる

格安スマホはデータ通信制限、機能制限などがありその分、料金に還元をしています。

 

また上記で挙げたように事業を運営するにあたり3大キャリアとは比較にならないほど出費が少ないので通信費用を安くすることができます。

 

そして3大キャリアの契約というのはほぼ決まったプラン。料金になっておりユーザーが自由に選べないといったデメリットがありました。しかしMVNOでは利用用途に合わせて細かいプランを用意。

 

使っていないのに余分な料金まで支払う必要がなくなります。

 

料金や利用方法がシンプル

MVNOでは3大キャリアのようにややこしい契約プランというのは準備されていません。自分が使いたい分のデータ通信量プランを選んで契約するだけ。

 

3大キャリアのように複雑なプランを組んで料金を安くするといった方法が取られていないのも魅力です。

 

オプションもいくつか準備されていますが使う、使わないがわからないようなオプションもほとんどなく非常にシンプルになっています。

 

契約期間が短い・縛りがない

3大キャリアではスマホ端末料金を実質0円にするために最低2年間利用するといった条件が盛り込まれていました。また解約は更新月では無料解約ができないといった最悪の条件でした。

 

しかし格安スマホでは契約期間を設けないMVNO。あっても非常に短期間。さらに毎月自由にプラン変更ができるMVNOなど多種多様です。

 

データSIMであれば解約金はかからない。解約した場合はSIMカードを返却するのですが応じない場合に限りSIMカード損害金を支払いするケースがあります。

 

通話SIMに関してはMVNOが定めた期間内は使わないと解約料金が発生するので注意が必要。