格安SIMが使えるスマホ

格安SIMが使えるスマートフォン


格安スマホはSIMフリースマートフォン+格安SIMのセットです。つまり格安SIMが使えるスマホはSIMフリーが前提条件となります。SIMにもよりますが基本的には各携帯キャリアの端末をSIMロック解除する。またはMVNOが販売しているSIMフリースマートフォンを抱き合わせで購入する。白ロム中古販売店でSIMフリースマホを購入するといった方法があります。

 

前述ではSIMフリースマホが条件と書きましたが特例もあります。

 

格安SIMの多くはドコモから回線を借りて運営をしています。そのためドコモ回線のSIMであればドコモから販売されている端末はSIMロック解除の必要なしに利用することができます。

 

逆にドコモ回線SIMが利用できるソフトバンク端末の場合はSIMロック解除が必須となります。そして現状ではどのキャリアもiPhoneのSIMロック解除には応じていません。ドコモiPhoneを持っている人は良いですがソフトバンクiPhoneの場合は自由度がかなり下がってしまいます。

SIMフリースマホを選ぶ際の注意点

もし現在のキャリア携帯は解約して新しく端末も欲しい場合はSIMフリースマホを手に入れる必要があります。格安MVNOではSIMフリー端末の販売や抱合せセット(格安スマホ)もあるので現在では容易にSIMフリースマホを手に入れることができます。

 

しかし、SIMフリースマホには注意点があるので選ぶ際には気をつけて頂きたい。

 

理由としてはSIMフリースマホの現状は海外製が多く、日本に合った機能を搭載したスマホが少ないこと。格安SIMの多くはドコモ回線利用なのでLTE回線、FOMAプラスエリアに対応していれば問題ないが、SIMフリースマホの中にはLTEには対応しているがFOMAプラスエリアは非対応といった機種もある。

 

FOMAプラスエリアは主に山間部などの電波が入りにくかった地域を対象に利用される通信網となっているので山間部等で少しでも利用する場合は対応していないと、いざといった時に通話やネットができないといった不敏な思いをすることになる。

 

特に安価なSIMフリースマホはこういった非対応モデルが多いので注意をしていただきたい。

 

最も確実なのは日本メーカーが販売しているSIMフリースマホだ。やはり日本に合わせた機能を持ちあわせておりLTE、FOMAプラスエリアも対応している。少し値は張るがスペックも高いので満足度も高いSIMフリースマホになることは間違いない。