高スペックなSIMフリースマホを見分けるポイント

SIMフリースマホのスペックの見分け方


SIMフリースマホの値段はピンきり。安いからスペックが低い。高いからスペックが良いといった部分も少なからずありますが、低価格のSIMフリースマホでもスペックの高いスマホはあります。

 

ですが、3大携帯キャリアから販売される端末とは違い、1世代〜3世代前の端末スペックのような機種もあります。特に困るのがLTE回線未対応であったり、FOMAプラス未対応といった問題。

 

そういった低スペックのスマホかどうかを見分けるポイントをここでは解説したいと思います。スマホのスペックは動作の快適さにも繋がる部分が多いのでできるだけチェックして高スペックなスマホを手に入れましょう。

 

CPU

基本性能を決める部分がCPUです。できれば最低でもクアッドコア1.2GHz程度の数値は欲しいです。高ければ高いほど数値が多くなり操作性能も高くなります。

 

メモリ(RAM)

メモリは一時的にデータを保存しておく場所です。標準的なものは1GBですが数値が高くなるほどデータ蓄積量が増えるのでWeb閲覧などもサクサクと進みます。

 

画面サイズ

4インチ〜6インチ程度が現在の主流となっています。自分の使いやすいサイズを選ぶがベスト。画面サイズよりも解像度を意識すると高画質なスマホを手に入れることができます。

 

バッテリー

これは使い方は液晶の消費電力に左右されることが多いです。できれば2000mAh程度のバッテリー容量は欲しいところ。これより少ないとすぐに電池切れを起こすスマホとなります。

 

SDカードスロット

SDカードスロットがあればスペック以上の保存容量を確保することができます。つまりデータの拡張部分。これがついていれば本体内臓の保存容量が少なくても拡張して多くの保存をすることができます。

 

カメラ

最近では自撮りであったり、料理などをSNS投稿する方が多いですよね。やはり綺麗な画像を投稿するにはカメラの画素数は大切。1000万以上の画素数であればかなり高画質な写真を撮ることができます。

 

独自機能

海外製が多いSIMフリー端末。ワンセグ、防水・防塵・おサイフケータイなどの機能が欲しい場合は日本メーカーが作るSIMフリースマホに狙いをつけるのが良し。日本性スマホはやはり値段が張りますが高スペックと呼べる機種が多いです。